01.摂食障害とパニック障害の根本的違い

a1750_000016

近年、今までは個性として認識されていた症状が、研究が進められたことによって脳機能障害や精神障害としてきちんと認識されるようになり、症状に適合した治療を受けられるようになりました。中でもパニック障害というのは精神障害ではなく、脳機能障害に含まれることが研究によって明らかとなりました。他方、長年摂食障害については精神障害であるのか、生理的な現象であるのかその違いについて謎のままでありましたが、研究が進んだことによってはっきりと精神障害として分類されるようになったのです。摂食障害とパニック障害の共通点として見られるのは、過度の不安や強迫観念によって突発的に発生する症状にあります。摂食障害に関しては、過食症と拒食症の2つの症状に代表され、どちらとも繰り返しやすいという特性があります。摂食障害については、生理現象の病気ではなく、精神的に過度なストレスが掛かることによって突発的に発症し、繰り返すようになります。

 

摂食障害とパニック障害への対策について

食事をとることができなくなる拒食症や、食べ始めるとやめられなくなり吐いても食べ続ける過食症などを合わせて摂食障害と言います。「どうしても痩せたい」などという心にある強い思いから本人がなかなか治療する気になれないのが特徴であり、この負担を解消しないことには症状も改善しにくいです。特に完璧主義の人や自分に自信がない人が摂食障害を引き起こす可能性があります。
パニック障害は極度な過労と心理的な疲れが重なることで、手足の震えや吐き気、発汗などの発作を引き起こします。一度パニック障害を引き起こしてしまうと「次にまた発作が起きるのでは」という恐怖心から日々の生活に支障をきたすこともあります。
摂食障害、パニック障害共に放置しておくと他の精神的な病気を発症したり最悪の場合は死に至る可能性があるため、適切な対策を行わなければなりません。まずは本人とその家族がそれぞれの病気を理解し、乱れた生活習慣を正し、強いストレスを受けないようにしましょう。そして症状を悪化させないためにも早めに病院を受診しましょう。

02.パニック障害や摂食障害の原因を探る

a1600_000047

摂食障害は拒食症や過食症などがあり、健康に大きく関わってくる精神疾患です。
原因としては、生い立ちや、ストレス、社会的要因などが指摘されています。
摂食障害は、精神療法や、薬物療法などで治療が進められていきます。
拒食症の場合は、体重が回復することを最初の段階として、目指していくことになります。
特に拒食症の摂食障害によって、栄養不足が続くとパニック障害を併発する恐れもあります。
パニック障害は動悸や息切れ、不安感、冷や汗などが起きるもので、一度この発作が起きると予期不安というものが起きることがあります。
予期不安になると、外出できないなどの症状になるので、患者さん本人は非常に辛い思いをすることになります。
また、低栄養が続くと、うつ病などの精神疾患も併発しやすいため、気をつける必要があります。
摂食障害の治療は、家族のサポートも重要です。
自分自身を受け入れる、自尊心を持つという事も、心理面から有効とされています。

パニック障害や摂食障害の特徴を知ろう

精神的な疾患や症状に悩まれている方は少なくありませんが、パニック障害や摂食障害は特に多くの人が悩んでいる症状です。

まず、パニック障害は突然、動悸や息苦しさなどのパニック症状が起こるのが特徴です。
そして、本人にすればとても苦しく、救急車が必要なほどの症状が出ていても、いざ検査をしてみるとこれといった原因が見つからないことも多くなっています。

それから摂食障害は特に若い女性に多い症状で、食べることができなくなってしまう拒食症と、逆に過食に走ってしまう過食症があります。

摂食障害はストレスや太ることへの恐怖心などから起こりやすく、過食に走った場合も無理に吐いてしまったり、下剤などを利用して無理やりに出そうとする傾向にあります。

そしてパニック障害と摂食障害が同時に起こってしまう例もあります。

こうした症状は放置していると改善が難しくなりますので、早めに医療機関で診察を受け、それぞれに合った治療で改善していきたいものです。

xn--pckwbxax7006c9vycf1ya.jp

03.摂食障害の原因とその治療法

a1180_011120

摂食障害とは食行動に異常が生じる障害を意味しています。具体的には身体的な病気がないにもかかわらず食べ物を受け付けなくなってしまったり、また逆に食欲を自分で制御できなくなって食べ過ぎてしまうという症状が挙げられます。前者の症状を拒食症、後者を過食症と呼びます。ただつらいことがあった場合のように一時的な精神上の問題で食欲が低下したり、またストレスがきっかけでつい食べ過ぎてしまったりというような場合は摂食障害に当たらず、体型などへのこだわりが強く長い期間そのような状態が続く場合を言います。摂食障害の原因としては親との関係の不良、他人との関係への恐怖、精神的なストレスといった心理的な要因や、痩せていなければ美しくないといった女性間での風潮といった社会的な要因などがあります。その対処法としては専門医のカウンセリングを受けたり、家族療法や対人関係療法などといった心理的な治療が中心ですが、それに加えて薬物を投与する治療が行われることもあります。

 

摂食障害の治療に適した病院

昨今、摂食障害で苦しんでいる患者の数が全国的に増加しているといわれています。摂食障害には拒食症や過食症などが挙げられますが、このどちらも治療が遅れることによって栄養失調などの問題が発生するリスクが高まります。また、摂食障害を抱えている女性の中ではリストカットなどを行ってしまう人も少なくないといわれており、今や社会問題のひとつとして紹介されることが増えてきています。摂食障害を治療するためには、心療内科や精神科などがある病院を受診することが勧められています。病院によっては入院施設が併設されていることもあり、長期間にわたって治療に取り組みたい人にとってももってこいの環境が整っています。インターネット上の口コミサイトなどでは摂食障害の治療について実績を持っている医療機関に関する情報がやり取りされており、患者や親族にとって大きな情報源として扱われています。今後もこうした疾患への社会的な支援策の強化が期待されています。

04.摂食障害と遺伝について

a1180_010537

近年、いろいろな精神疾患を抱えながら生活をしている人が大勢いるといわれています。とりわけ、現代社会はストレスの多い環境で生活を送っている人が目立っており、摂食障害を発症する人が年々増加しています。摂食障害には過食症や拒食症などの種類がありますが、その多くはストレスや遺伝的な体質が影響しているといわれています。とりわけ、摂食障害と遺伝的な要因については、あらゆる研究者の間からの注目が集まっています。インターネット上の口コミサイトなどでは、すでに摂食障害の治療に取り組んでいる人の体験談がたくさん取り上げられており、将来的にしっかりと治療をしたい人にとっては有意義な情報を手に入れることができます。摂食障害の治療法としては、薬物などを用いることが一般的に導入されていますが、定期的に精神科医やカウンセラーなどによるカウンセリングの機会を設けることが良いとされます。今後もこの障害の原因や治療法について関心が集まるとみられています。

摂食障害は食依存症のことです

摂食障害とは、食依存症のことで食べることに対する衝撃コントロールがうまくいかずに食べることに対する色々な心配を抱えている状態にあり、拒食症や過食症につながるものです。摂食障害は食べることに依存してしまっていて、本人が感じている罪悪感かとても大きく関係しています。摂食障害は罰する側と罰せられる側の立場を両方同時に持ちます。つまり、食べ物をたくさん食べてしまう、食べてしまって気持ちが悪くなって吐くという循環は罪悪感の強い自分自身を罰し、そして食べた自分が罰せられる立場にあると言うことです。こういった症状は自分でも知らず知らずのうちに身についてしまうことが多く、改善のための治療には薬物治療で気分を安定させたり、精神療法で精神面の改善を行うなどの方法があります。心身のデリケートな問題でもあり、摂食障害を含め食べ物依存症の治療には本人の改善しようという努力だけではなく、家族の方々の理解と協力もとても大切になってきます。

05.摂食障害とうつ状態の関係性

a1180_010483

摂食障害を患っている人はたくさんいます。
女性のほうが圧倒的に多いのですが、中には男性でも患っている人はいます。

摂食障害と向き合い、積極的に治療を行っている人もたくさんいるのですが、中には現状に満足をしてしまっている人も多いです。
周りの人が気付き、その上で専門的な医療機関に通院をすることによって、克服をすることが出来るとも言われています。
摂食障害は自然に治癒する病気ではないのです。

食事の時にうつ状態になってしまうというのも大きな特徴です。
食べたくはないと思ってしまうのが拒食症です。
食べ物に依存をしてしまうのが過食症です。
うつ状態から回復をしなければ、完治も難しいのです。

専門の医療機関もあり、症状が深刻な場合には入院をすることになります。
中には薬を処方されて対応をするというところもあるのですが、それでは根本的な治療にはならないのです。
原因をはっきりさせ、その上で原因を克服しなければ再発をしてしまう病気でもあります。

 

摂食障害と運動強迫について

昨今、摂食障害の治療に前向きに取り組んでいる人が全国的に増加しているといわれています。この障害にはいろいろなタイプがありますが、とりわけ運動強迫に悩んでいる人が目立っています。運動強迫の症状を抱えている人の多くは、日常生活を送ることすら難しい状況にあるために、医療機関へ入院をすることが勧められています。現在では、全国の総合病院などで摂食障害に対する専門的な経験を持っている医師が在籍しているために、スムーズに治療に励むことができるようになっています。摂食障害の悩みについては、家族や友人などから理解をしてもらうことが難しいために、インターネットツールを積極的に活用することが良いとされています。摂食障害を抱えている人にとっては、社会復帰なども大きな課題として取り上げられることがありますが、何よりも生活上の動作をしっかりと出来るように訓練をすることが大切です。今後も日本人の摂食障害に対する関心がさらに高まるとみられています。

06.摂食障害のときの栄養指導について

a1180_009724

摂食障害というのは、ダイエットなどが原因で食事を食べることに対して恐怖感を感じるようになり、悪化すると栄養失調や生理不順などの様々なトラブルを引き起こします。摂食障害になったときには、管理栄養士などが栄養指導を行い、患者が食べられる範囲内で自発的に食事をするように導いていかなければなりません。摂食障害の場合、食べることに対する抵抗が強いため、始めのうちはとにかく必要なカロリーを摂取させることよりも、食べるという行為を受け入れるように栄養指導をしていく必要があります。そのため、栄養指導を開始した直後はほとんど患者が好きなものを食べていくということになり、その行為が受け入れられるようになったら、徐々に食べられる食材の中で最大限バランスの取れたメニューを考えていくという流れになります。そして、そのうち必要なカロリーについての説明も行い、通常の食事に近づけていきますので、かなり期間が必要ですし、指導するカウンセラーの技術力も重要です。

 

摂食障害と強迫性障害の関係とは?

摂食障害と強迫性障害には、密接なつながりがあります。

強迫性障害は、不安感や不快感を生じさせる思考が頭から常に離れない状態になる「強迫観念」と、強迫観念を振り払うために過剰な行動をする「強迫行為」の両方が生じるのが特徴です。
摂食障害では、この強迫性障害を併発していることも多く、その場合には、まずその強迫性を引き起こしている原因を突き止めることが重要といえます。

たとえば、摂食障害の場合、過去に体型のことでからかわれたり、ひどい言葉を投げかけられたりしたことなどが引き金となって、常に「自分は太っている」、「もっと痩せなければ」というような強迫観念に取り憑かれることが多いようです。
こうした強迫観念に苛まれると、やがて過度な食事制限や過剰な運動といった強迫行為に発展し、最終的には、食べ物を全く受け付けなくなったり、何かを食べた後にすぐに嘔吐してしまったりといった、典型的な摂食障害の症状があらわれてしまうわけです。

特に、自分の体型に悩み始める思春期の女性は、こうした強迫観念を持ちやすいので、摂食障害を発症させないためにも家族や周囲の人々が早めに気づいて対処してあげることが大切です。

07.摂食障害と血液検査について

a0960_002393

昨今、摂食障害の悩みを抱えている若い女性が大勢いるといわれています。摂食障害は、今や精神疾患のひとつとして位置付けられることが増えてきており、各医療機関においては積極的な治療が行われています。摂食障害が疑われる場合には、すぐに専門的な医療体制が整っている医療機関を探すことが求められています。また、血液検査などを行って全身の健康状態についてしっかりとチェックをすることが大切です。血液検査の結果によっては治療法を再考することもあるために、信頼のできる医師の判断にゆだねることが望まれています。インターネット上では摂食障害の解消法について情報交換が活発に行われており、現代人にとっては積極的に情報を仕入れることが当たり前の出来事となっています。インターネットユーザーの間では、摂食障害に対する関心がますます高まってきており、今後もテレビや雑誌などから情報を仕入れる人がさらに増加すると見込まれています。

 

摂食障害の後遺症にはどのようなものがあるのか

心の病気といわれる病気にも様々ありますが、若い女性に多い症状としては摂食障害があげられます。
そして、この症状にも食事を拒否して痩せていく拒食症もあれば、食べることを辞められない過食症という症状もあります。

こうした症状は早めに改善していきたいですが、症状がおさまったあとも後遺症が残る場合もあります。

まず、摂食障害で食事を拒否していた場合はかなり痩せてしまうこともありますし、筋肉も弱り、歩行も困難となってしまう場合もあります。

そして摂食障害の後遺症としては貧血や生理不順、肌荒れ、抜け毛、記憶障害など起こるばあいもあるとされています。

そして過食に走ってしまった場合は肥満になったり、コレステロール値が高くなるなどの脂質異常が起こる場合もあります。

過食嘔吐を行う場合は、食べようとしても、食事を吐いてしまうなどの症状が出る場合もありますし、嘔吐を繰り返すことで歯が弱ってしまう場合もあります。

こうした後遺症が残らないためにも、早めに診察を受け完治させたいものです。

08.摂食障害に陥った時の症状

a0002_011915

パニック障害と摂食障害とは一見つながりがなさそうです。しかしパニック障害が長引いているうちにうつ病を併発、ついでうつ病の症状のひとつとしての摂食障害が現れてくる、という形で併存することがあります。

摂食障害の症状の現れ方のひとつに拒食症があります。拒食によって体重低下が進んで低体重となっても外見的に元気であり、本人にも病識がありません。多くの場合は低体重状態にあることに関して意識的であり、強迫的な性格傾向を示します。そのことで自らの行動が完璧にコントロールされていると感じることによって万能感や高揚感を得ています。

しかし当然ながら拒食状態ではエネルギーとなる糖が著しく低下しています。その低血糖状態によって脳の活動が阻害され、悪化すると意識障害が起こります。継続すると脳萎縮などのように脳細胞に回復不可能な障害が起こります。さらに食べたものを意図的に吐いたり下剤を使用したりしている場合には、電解質の低下が起こり、心機能の低下や全身の脱力感、しびれが起こってきます。低カリウム状態では心不全や心臓停止を引き起こすことがあり、きわめて危険です。

 

摂食障害と食事について

摂食障害は、パニック障害やうつ病、強迫性障害などと深い関連性があります。
過剰なダイエットから引き起こされるケースも多く、ダイエットに興味のある人であれば誰でも陥る可能性があります。
摂食障害になりやすい人の性格は、完璧主義であったり、几帳面な性格など、柔軟性に欠ける性格である場合が多いといわれています。
自分は太っているのだからと自信がなかったり、人に馬鹿にされた、好きな異性のタイプに近づきたい、細身の洋服が着られた喜びを味わった、などという些細なことが原因となる場合が多々あります。
摂食障害は食べたいという強い欲求を閉じ込め、極端に食事を拒むようになります。
一口でも食事をすると再び太ると思い込み、食べることに異常な恐怖心を抱きます。
一日の摂取カロリーが低ければ低いほど安心感を感じます。
点滴などを除いて、通常は食事以外に各栄養素を摂取する方法はありませんので、食べるという行為をやめれば健康に影響が出ます。
貧血や疲労感、生理がなくなる、肌の老化などといった身体的な症状や、常に食事のことを気にかける、イライラするなどの精神的な症状が出ることもあります。

09.摂食障害によって死亡するケースも

a0002_008047

摂食障害とは過食症や拒食症を総合した症状のことを指します。
食べすぎることと食べないことは全く逆のように思うかもしれませんが、実はどちらもダイエット願望から来ることが多いのです。
拒食症の場合は極度の食事制限をすることによって食べないことに関する依存症となってしまいます。
過食の場合は食べすぎるかわりに食べたものをなかったことにするために自分で嘔吐をするのです。
このどちらも栄養障害を起こしてしまうこともあります。
食事は人間が生きていくために必要なエネルギーを補給するためには絶対に欠かせないものなのです。
しかしそれができなくなりますと生命活動ができずに死亡することもあるのです。
ですので摂食障害は単なる精神病ということで片づけてはいけません。
死亡するリスクを解消するためには摂食障害を改善するプログラムを遂行する必要があります。
病院できっちりと適度な量を食べるように指導するのです。
また内面をかえるためにもカウンセリングなども行います。

 主な病気の解説

摂食障害の初期症状について知ろう

いわゆる心の病気と言われる病気にも様々な種類がありますが、摂食障害は特に若い女性に多い症状となっています。

その症状も食事を拒否して痩せていく拒食症という症状と、逆に過食に走り、その後無理に吐いてしまうなどの過食症という症状があります。

摂食障害の初期症状についても知っておきたいですが、まずは食欲の低下があげられます。

体調の変化で食欲が落ちることは誰にもあるものですが、そういった状態が長く続いたり、頻繁に起こるようであれば摂食障害の初期症状である可能性があります。

拒食症はダイエットをきっかけに起こりやすく、低カロリーのものばかり選んでいたり、何度も体重計に乗る、太っていないにかかわらず、本人は太っていると思い込むなどがあげられます。

こうした症状が出ても本人はあまり自覚していないことも多いので、周囲の人も変化は見逃さないようにしたいものです。

過食症の場合は、食べ物のことばかり考えていたり、食べたいという衝動が止められなくなるなどが初期症状です。
そして、過食症の場合も、食べた後に吐いてしまう場合と吐かずに太っていってしまう場合があります。